FC2ブログ

FREE情報/無料ビジネスノウハウ/コピーライティング

無料オファーだけで月収100万円までをサポートする初心者救済アフィリエイトビジネス

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Amazonが唯一恐れた会社

ザッポスという会社をご存知でしょうか?


この会社は靴の通販で大成功を収めて
売上1000億にまで急成長し
最終的にAmazonが買収した会社です。

急成長の秘密は顧客満足度がとても高く、
通販でリッツカールトンやディズニーランド
レベルの顧客サービスを実現しています。

それだけでなく社員満足度も異常に高く、
働きたい人が募集枠を求めて
空きが出るのを待っているそうです。

社員全員が幸せだからこそ、顧客にも
幸せを届ける事ができるというわけです。

優秀な人材が向こうから集まってくる会社は
やる気のない社員ばかりで成り立っている
会社とは勢いもパワーも全然違います。

Googleなどがその分かりやすい例です。

そのザッポスのCEOトニーシェイが、

「ザッポスで無意識にやろうとしていた事が体系化されている」

と絶賛した本がこの「トライブ」です。

人の問題で困っている人にとっては、
とてもオススメできる一冊です。
http://nps-t.biz/d5.html






スポンサーサイト

| おすすめ書籍 | 21:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

YESを引き出す16の心理テクニック

よくあるミーティングや会議中。

あなたは部下や後輩に、
こうすればもっといい仕事ができる、
いい結果が出るだろうと思って
助言やアドバイスをしたところ、

意見に耳を貸さないどころか、
あろうことか反発して口論になってしまった。

そんな経験はありませんか?


一体なぜ、こんな事が起きるのでしょうか?


その原因は、ほとんどの場合、
説得や議論という情報伝達の
手段に問題があります。

一見、議論というのは
建設的な話し合いの場
であるように見えるのですが、

一歩間違うと建設的どころか
意見や価値観の押し付けに
つながってしまいます。

というのも、人間は誰しも
自分のやっている事は正しい。

と考えています。


皆、誠実に仕事をしているのです。

ですので、話し合いの中で
相手と見解の食い違いがあると、

誠実に仕事をしている

「自分のやっていることが正しく、
 したがって相手のほうが間違っている」

と思ってしまうのです。

それなのに、誰かから「間違っている」
と指摘されると、その人を自分の「敵」
だと感じてしまいます。


そして、そんな状態のときに
自分の意見を押し通してしまうと
相手と対立して、

議論には勝っても人を
動かす事には失敗する。

という結果にしかなりません。

では、どうすれば人は動くのでしょうか?


リアル・インフルエンスによると…
http://nps-t.biz/ri.html






| おすすめ書籍 | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

社長が働く会社は儲からない?

実のところ、ビジネスというのは
問題解決の連続です。


セールスやマーケティングなどの
営業活動にしても
発送や顧客サポート、経理や総務といった
営業の支援的な活動にしても

日々、発生する問題を解決することで
ビジネスは成長していくわけです。


ところがです。

ここで、ほとんどの社長は自ら働いて
これらの問題を解決しようとします。

会社の中で一番優秀な人材は、
ほかならぬ社長ですから社長自らが
問題解決に当たるのは一見、合理的に思えます。


しかし、よく考えてみてください。

ビジネスというのは日々変化しているので
問題というのは1つ解決しても
また次から次へと発生してしまうものです。

1つの問題を解決しているうちに
他で2つの問題が新しく発生していた
なんてこともよくある話です。

ですから、社長が問題を解決するのは
効率的に見えるようで実は非効率なのです。

そして、それこそが
「経営者」になれない「社長」が抱える
最大の問題とも言えます。


では、一体どうすればいいのでしょうか?

それこそがこの本
「社長の生産力を上げるシステム思考術」
で語られているテーマです。

この本の著書サム・カーペンターは
儲からない破たん寸前のコールセンターを
必死に経営する日々の中で

ある日、この
社長は問題の火消しをやってはいけない
ということに気が付きました。

発生した問題を潰していく
後手後手の仕事をしていては社長は
いつまでも労働の呪縛から逃れられません。

ですので、発生した問題を解決するのではなく
問題そのものが起きないような、
起きたとしても自然に解決されるような
システムに会社を変える必要があったのです。

少し言い方を変えると会社を
自分がいなくてもお金を生み出すシステムに
作り変えるということです。


サムはコールセンターをシステム化したことで
最終的には、働く時間を40分の1にして
収入を20倍にもしてしまいました。

生産性が800倍になったわけです。
もう日々の問題に追われることもありません。

ですので、もしあなたが

会社をもっと大きくしたいのなら
働く時間を減らして収入を上げたいのなら
自動的にビジネスが回る仕組みを作りたいのなら

是非、一度この本を手にとってみてください。
http://nps-t.biz/pst.html







| おすすめ書籍 | 06:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガチで良かったです!

いきなりですが、
めちゃめちゃ参考になった書籍があるので、
今日はその一冊を紹介したいと思います。

 

紹介する理由は、3つあります。

 

・ビジネス、プライベートすべてに使える

・非常にわかりやすく、内容がスッと入ってきた

・不確かだが、翌日に早速売上が立った

 

人生は「選択」の連続だと思っています。

 

稼いだお金をどう使うか?

明日、誰と一緒に過ごすのか?

リスクを取って行動するべきかどうか?

 

などなど、人はみな、大小さまざまな
選択をしながら日々を生きています。

 

ということは、ことビジネスにおいては
選択に隠された顧客心理を制することが
ビジネスを制するといっても過言ではありません。

 

この選択についてとことん追求したのが
今回ご紹介させていただく、「購買選択の心理学」です。

 

著者のバリー・シュワルツは
社会行動学の専門家なので、
その分、人の行動心理の本質に深く切り込み
ビジネスに応用できるヒントが満載です。

 

セールスやマーケティングのみならず
対人交渉術や人間関係など
「選択」に関わる全てのシーンで
非常に役に立つ一冊です。

→ http://nps-t.biz/pp.html

 

こちらの書籍は洋書を翻訳した専門書となっているため、
上記リンク以外からは取り寄せることができません。

アマゾンや他サイトで中古品が出ているかもしれませんが、
90日間の返金保証送料無料が適応されるのは
直接販売元から請求された方のみに適応されるサービスとなります。

中身をすべてご覧になられても、
90日以内に返却すれば全額返金してもらえますので、
安い中古品に送料を払って返金返品ができないより、
新品で綺麗に包装されたものを無料で取り寄せる方が
リスクがまったくないのでいいかと思います。

 

 

| おすすめ書籍 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。